言葉あつめ

自作の詩を書いてます(*´ー`*)

天使の音色

女の子が泣いている


たったひとり


花咲く墓地の片隅で



悲しい

出来事に


押し潰されてしまいそう



青い空に浮かぶ


白い月


見ようとしなければ


きっと見えないくらいの


真昼の月




その月から


ひらひらと舞い降りてくる



天使の羽根



泣きじゃくる彼女の



髪にも



羽根がついている。



見上げた空に



流れてくるのは



天使の音色。




ゆっくりと、


降りてくる



天使の梯子。




もうこれ以上の悲しみはないと


明日が来なければいいとさえ


涙は語る。



それでも



彼女に流れている


魂は



いつか


きっと誰かを救うから。



天から降るメロディ




もう

彼女の瞳に



涙はなかった。




月が、満ちてゆく



ゆっくりと。